父帰る

まだまだ気持ちが落ち着かない日常のさ中、能天気な日本男児約1名が、1年9ヶ月のアブダビ任務を終えて日本に帰ってきました。帰ってきたのは、My Hasband S氏です。
この震災でどんなに大変な思いをしたか訴えても訴えきれないアタシの思いと、「あなた、今まで本当にお疲れ様でした」と三つ指ついて女房が待っていると信じて疑わなかった旦那の思いは、世界の果てまで見事なほどに平行線で、お互い消化不良のまま夜は更けていきました
ま、夫婦なんてこんなもんさ!あっはっはっ

それにしても、現地でもNHKだけは放送されていて、今回の大震災によって予測される事態の大きさも重々わかっているはずなのに、決して悲観的な言葉を吐かないS氏。私が『これから先、原発問題も相当時間がかかりそうだし、日本経済もどんなことになるのか・・・』といったようなことを口に出しても、「別に大丈夫なんじゃないのぉ?」と どこ吹く風でキッチンに立って、もつの煮込みなんぞを作っとる
でも、ある意味ここまで楽観主義の人間がいてくれると、自分まで根拠もなく不安が消えていくから不思議です。この地震が誰にも予知できなかったように、先のことなんてわからないし、明るく前向きに希望を持って歩いて行くしかないもんね!
そういえば、被災地にいる方たちも「頑張って」じゃなく「大丈夫」って言われるのが一番嬉しいと言ってたっけな。
大丈夫、大丈夫。私たちは絶対に乗り切れる。日本は確実に立ち直る。

ただ、これだけは思うんですよ。復興というのは、これまでの日本と同じ状態に戻すってことではないということ。これは、地震が起こる前からずっと思っていたことなんだけど、私たちは、もうこれ以上利便性や快楽を追及する必要はないんじゃないかってこと。飲み屋街で夜通し煌々と照らされるネオンとか、雰囲気づくりのためのライトアップだとか、コンビニやコインランドリーの24時間営業や次から次へと建てられるファッションビルとか、本当に必要なんでしょうかね。もちろん、それによる雇用の確保が生まれたり、素人が簡単に言える問題ではないかもしれないけど、日ごろから、いつ何が起きても対応できるくらいの電力消費にしておく必要はあると思うのです。電力を抑えることで化石燃料による発電が少なくできればCo2削減もつながります。
私たちは、これまで、便利であることが心の豊かさにもつながると勘違いしていたのかも知れません。でも、今の子供たちが昔の子供たちよりも心が豊かになっているとはとても思えないし、この地震をきっかけに、本当の豊かさとは何か考え直すべきではないかと思います。
そうはいっても、一度吸った甘い汁を簡単になかったことにするのは難しいですよね。私自身もそうです。でも、人間は変わることができると信じ、ほんの少しずつでも我慢することを覚えていかなければと思っています。

11-04-02_002_convert_20110402225734.jpg
ラッパ水仙がとても綺麗に咲いてますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東北で被災した方たちも、今は嫌でも皆で力を合わせなければ前に進まない。。。
少しずつではあるけれども、忘れていた優しい気持ちとか笑顔を取り戻しているのではないでしょうか。
また、皆が幸せになるために、そういう気持ちを人に施す社会を築いていこうと模索していると思います。

ぺこさんが話されていることって。。。正直、普段考えることがないです。
人間、平穏無事に生きていると薄れてくるというか、忘れてしまうのだと思います。
そういう意味では、こうしてブログで書いて皆に教えてあげることは、とても大事なことです。
きょうは、一つ、ぺこさんから学んだ気がします。

なんか嬉しいわ。。。ていうか、惚れ直したわ。

おおきに。。。ありがとう。

No title

私も、恥ずかしながら阪神大震災のときは完全に他人事でした。
今も、家族や家を失い、寒い中 避難所生活をしている方の気持ちが
どれだけ分かってあげられているのか自信がありません。

でも、あの想像を絶する強い揺れと家族の安否がわからない不安。
電気も水もない生活。延々行列を作り、順番がくるのをひたすら待ち続ける疲労感。スーパーやコンビニから全ての物が消えてしまう様子。
原発事故の影響がいつ自分たちのところまで及ぶかわからない恐怖
などなど・・・経験していなければ、何も考えずに過ごしていたかもしれません。

そして言えることは、大きな天災はこれが最後という確証は
全くないということ。
今回の地震の影響がなかった人たちも、それを想定して
これからの社会を築いてほしいと思います。

なんだかジャーナリストでもないのに偉そうなこと書いて
ごめんなさいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

これだけの大災害を経験して元に戻すだけでは
復興とは言えませんよね
この経験を礎にして
今までよりずっとずっと良い社会にしていきたいです
がんばりましょう!

No title

Yamepi様

Yamepiさんのブログに大いにインスパイアされて
記事を書きましたです。

私たちが時間とともに立ち直る分だけ
忘れてしまうことが怖いですよね。

忘れないためにはどうしたらいいか、
それも、この先考えなくてはいけない大切なことだと思います。
一緒に考えましょうね!
らでぃっしゅぼーや
茨城ブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

ぺこ

Author:ぺこ
茨城在住の主婦です。
日々の小さな出来事も面白おかしくご紹介しますので
是非遊びにいらしてください。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク