とうもろこし人形

確定申告の書類をやっと作成、プリントアウトし、税務署へ郵送しました
面倒くさいことを後回しにする娘にいつも苦言を呈しているくせに、そういう自分も提出期限の3月15日ギリギリじゃねぇか
カエルの親はカエルってことね。あは

先日、ギャラリーエスパースとうもろこし人形の個展を観に行ってきました。作家の木村拓子さんは、ふれ愛ひろばでお世話になっている木村さんの奥様で、ご主人もカメラマンとして展示会に協力していらっしゃり、まさに夫唱婦随・・・じゃなくて婦唱夫随(笑)
アタシの仕事に文句も言わない代わりに協力する気もない うちの旦那とは大違い!ま、アタシはその方が煩わしくなくていいんだけどね

個展のテーマは『竹取物語』
表情豊かなとうもろこし人形が、そのストーリーに沿って演出されていて、単に作った作品を並べるだけでなく、こんな風に付加価値を付けることで、芸術性も より高くなっていくのだと感じました。
とうもろこし人形とは、針金を土台として、肉付けは全てとうもろこしの皮を使っているもので、色も全て自然のものだそう。おそらく、とうもろこし人形作家は日本にお1人だという話です(違っていたらごめんなさい)。

11-03-07_001_convert_20110310170531.jpg
輝く竹の中にかぐや姫発見!

11-03-07_002_convert_20110310172538.jpg
お年頃のかぐや姫。モテモテです

11-03-07_003_convert_20110310172820.jpg
帝に直訴するシーン。細かい動きがよくできていますね。

かぐや姫って、さんざんお世話になっておきながら、とっとと月に帰る薄情女のイメージだったのですが、実は天女に無理やり連れていかれちゃったんですね。しくしく泣いていたのは月に帰りたくて泣いていたわけじゃなく、地球に残りたくて泣いていたんですね。完璧にETと混同してるし
作家の拓子さんは、そんなアタシのような馬鹿な人のために、図書館で竹取物語を勉強して、わかりやすく説明を入れたとおっしゃっていました(いや、馬鹿な人とは言ってませんよ・笑)。

昨年弟さんを胃がんで亡くされた中で個展の準備をしていたという拓子さんのお話を聞いていたら、なんだか涙が出てしまって、ちょうどアレルギー性鼻炎もひどい日で、もう顔がすごいこと(鼻水だか涙だか、はたまた何かの水だかわかんない状態)になってギャラリーを後にしました(爆)

いろいろな出会いの中で、人生の諸先輩である女性とお話しする機会も多く、私もあんな風に年を重ねていきたいなぁと憧れてしまうことが多い今日この頃。アタシには何の取り柄もないので、せめていつも笑顔で、周りの人を笑わせられる(笑われてもいいや)存在でありたいなと思います。

せっかくの素敵な作品、カメラがなくて携帯で撮ったので今一でごめんなさい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ここ、ひたちなかも、間違いなく被災地です。
2日間、電気も水もなく、携帯もつながらない状態で
娘も2時間以上かけて水戸から歩いて帰ってきました。
迎えに行きたくても道もあちこち陥没していて封鎖されていて
じっと家で待つしかない辛さ・・・。
やっと会えたときは涙が出ましたよ。

今朝、やっと電気がつき、TVをつけて、
日本列島全部が大変な騒ぎになっていると知り
改めて生きていてよかったと感じています。
水はまだなくて、昨日は中学校で配っていたので並んだのですが、
なんと6時間半も寒い中立ちっぱなしで、やっと一人2リットルもらえた
状況です。
顔を洗うのももったいなくて、トイレも悲惨な状態(TT)
スーパーもコンビニも閉まっていて、食料も買えません。

でも、こうしてネットが使えたり、粉々になった食器を掃除機で片づけられたり、暖をとれるだけで幸せかも。
三反田の方の方など、液状化現象で、家にも入れず
避難所にいる方もいっぱいいると思うので。

今回は日ごろの備えの大切さをしみじみ感じました。

ご心配いただいてありがとう。
仙台の方はもっと大変かもしれないですね。
お年寄りは健康面も心配だし。
でも、きっと大丈夫ですよ。みんな助け合ってなんとかやってると
思いますから。


No title

ぺこさま、心配しました。
茨城の様子はテレビでほとんど無いのでその後どうなのかと案じていました。甚大な被害です。テレビの前から離れられません。
cちゃん、歩いて帰ったのですか・・どんなにか心細かったでしょう。
まずは無事で良かった。
水道、一分でも早く復旧できますように。
何とか乗り切ってください。祈っています。

安心しました。

ブログのコメントを見て安心しました。
ひなたねっとからぺこさんにメッセージを送ろうと思ったのですが、まったくつながらず勝手ながらこちらにメッセージを送らせていただきます。

実は僕の妹夫婦も千葉県北西部に住んでいて昨日安否確認がとれました。
妹の旦那は出張で韓国にいたらしく、子供二人抱えて「死ぬかと思った」って言ってました。

この苦しみ辛さは当事者にしかわからないと思います。
まったく影響のなかった僕には、被災地の方に対し、ただただ復興に向けてがんばってほしいと願うばかりです。

どうかお辛い日々が続くでしょうが、子供さん、そして近隣の方たちと力を合わせてがんばってください。

No title

mayuchiroさん、ご心配いただきありがとう。

今、水道の復旧作業に全力をあげているということなので
もうすぐ水が出ると信じて頑張ります。

ガスが出るので調理はできるのですが、
汚れ物が出るのが問題です。
お茶碗にはラップをして食べたり、なんだか毎日すごく知恵を試されている感じ。

輪番停電が始まり、mayuchiroさんたちの生活も大変になるかも
知れませんが、みんなで頑張りましょうね!

No title

しばしばさーん、怖かったです~!

『ふれ愛ひろば』でつばささんたちと一緒にお仕事していて
これは普通じゃないと外に出たのですが、
どこからともなく不思議な轟音がして、この世の終わりが来たかと思うほどの揺れで、手すりにつかまってるのがやっとという感じ。
30分くらい膝の震えがおさまらず、みんな半泣きでした。

妹さんも心細く怖い思いをしたんですね。
でも、ご無事でよかったです。

『ひなたねっと』サーバーが駄目になっているのか
つながりませんよね。
これでは私たちも仕事にならないので、
今週いっぱいお休みいただいています。
余震が続く中、子供を置いていくのは心配ですし、
今は自分たちが生きていくのが優先!ですもの。

なんだか、ずっと気持ちを張りつめている感じで
食欲もないし、ぐっすり眠れないんですよね。この私がです(笑)。

でも、応援してくださっているみなさんがいらっしゃるので、
なんとか乗り越えたいと思います。
本当にご心配くださり、ありがとう。
らでぃっしゅぼーや
茨城ブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

ぺこ

Author:ぺこ
茨城在住の主婦です。
日々の小さな出来事も面白おかしくご紹介しますので
是非遊びにいらしてください。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク