火事場の馬鹿女

先週の金曜日、明け方4時半頃でしょうか。

寝室の開けっ放しの窓からウ~ウ~という消防車のけたたましいサイレンが
「うるさいなぁ。更年期って、ただでさえ眠りが浅いんだから勘弁してよ~」と思いつつ、二度寝の態勢に入ろうとすると再び別の消防車が・・・。そのうち、ピーポーピーポーと救急車の音も追いかけてきたのですが、「あれ?いつもの途中で音階が変わるドップラー効果がないぞ」と不思議に思い、頭の上の窓から外をのぞきこんでみると・・・。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うちの近くに停まってる~!

ふらふらと寝ぼけ眼で階段の手すりをつかんで降り、玄関から外に出ると・・・。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なに、この黒い煙~

煙の発信源は、我が家から200mくらい先でしょうか。夢遊病者のように誘導されて、そちらに歩きだす私。
途中、近所の方と合流し、いわゆる連れ野次です。

さて、現場に近づくと、消防車の放水の先からはオレンジ色の炎が・・・。これはさすがにショッキングで、その場にいることがいたたまれず家に戻ることにしたのですが、ふと気づいたら、

ぎょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白々と明け始めた空の下に映し出されたのは、よれよれのパジャマのズボンにTシャツ・ノーブラの自分でした
これぞまさに火事場の馬鹿女ってやつでございます。

まあ、冗談はさておき、結局、被害のあったお宅は全焼で、たまたま奥様のご両親のお家が近くにあったので何かと頼りにできてよかったと思いますが、そうでなかったら、明日から住むところもなければ服もない、当面の生活費にも困ったことでしょう。お子さんもいらっしゃるご家庭でしたが、誰一人けが人などもいなかったこと、また、風がほとんどなかったため近隣への被害も最小限だったことが不幸中の幸いと言えましょう。

聞くところによると、原因ははっきりとせず、コンセントの周りがかなり焼けていたということなので漏電ではないかという推測です。
改めて思ったことは、うちはコンセントの埃など掃除もしたことがないということ。使っていないコンセントは気づいたときに掃除機で埃をとるか保護キャップをつけておくべきだと反省。

火事は、一瞬にして、思い出も夢も焼きつくしてしまい、精神的にもダメージが大きいものです。お互い気をつけましょうね

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

らでぃっしゅぼーや
茨城ブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

ぺこ

Author:ぺこ
茨城在住の主婦です。
日々の小さな出来事も面白おかしくご紹介しますので
是非遊びにいらしてください。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク