決して見てはいけませぬ

吾輩は嫁である。名前はまだない・・・って、あるわっ。
お盆と秋のお彼岸って1ヶ月くらいしか空いていないので、またかよ!って感じ。あー、みなみイライラする

と、秋の夜長にカリカリしてはいけませぬ。筋肉隆々コオロギの自慢の羽音を聴きながら、穏やかな気持ちで昨日の出来事を振り返っております。

昨日は、私たちPTA研修委員会主催の『がんばっぺ茨城!茨城の伝統工芸に触れ、茨城を応援しよう!』をスローガンとした研修視察旅行のため、茨城県西部の結城市へ機織り(はたおり)・藍染体験に行ってまいりました。

P1020666 (2)2

体験施設は紬の里というところ。

家族で施設の運営をされていて、藍染体験をお母様が、機織り体験を娘さん2人が担当していらっしゃいます。

P1020675 (2) P1020673 (2)2

機織り体験ではコースターを作らせてもらえるのですが、自分が下見で一度体験しているため、みなさんのお仕事ぶりをひそかに楽しむ性悪女 すごく慎重でゆっくり作業する方、コツをつかんでチャッチャカ進める方、親の仇のようにバンバンすごい音を出す方など、性格が出るなぁと。それでも、みなさん、「決して見ないでください」オーラを出して、鶴の恩返しよろしく無心で機織りに挑戦されている姿が素敵でした
そういう私は、以前 力任せに機を動かして作ったため、ガッチガチに固いコースターができあがったのを覚えています。まあ芸術にもいろいろあって、機織りに適した芸術性は持ち合わせていないということだけは確かです(笑)

それにしても、わずか11cm四方のコースターを作るにも それなりの時間がかかったわけですから、反物など織るにはどれだけの日数を要することか。品物によっては1年かけて作り上げるというのですから、まさに気が遠くなるような作業。しかも、きつすぎず緩すぎず、一定の力で織っていく必要があるわけで、心の乱れは作品の乱れ。情緒不安定な私のような人間が携わったら、松田優作風に「なんじゃこりゃぁ!」というものが出来上がるに違いありません。ああ、織物職人の家に生まれなくてよかった。

体験施設を後にした一行は小山グランドホテルのランチバイキングへ。本当は県内のどこかで食事をしたかったのですが、40人からの団体が入れるお食事処を移動のロスタイムが少ない場所で探すのってなかなか難しく、結局県をまたいで小山市内になってしまいました。
ランチバイキングは、そこそこ美味しく、内容的には これといったポリシーは感じられませんが種類が多く、お値段もリーズナブルなので、地元の方に人気のようです。この日も大勢のお客さんが来ていたらしく、諸々の事情で遅れて到着した私たちをマネージャーらしき人は手ぐすね引いて待っていた様子でした。私たちの顔を見るなり腕時計を指さしてなにやら口をパクパクさせてるし、これってホテルマンとしてどーよって感じ。悪いけど、こういうところがやっぱり田舎なのかなぁと残念な気持ちにさせられます。

最後に寄ったのは、道の駅『思い川』
ここでは、事前に準備しておいてもらった本日のお土産を取りに行き、その間みなさんには少~しだけお買い物タイムを作ってあげたのでした。しかーし、出発予定時刻になっても誰もこねーし いかん、女子を買い物の場に放し飼いにするリスクを計算してなかった(爆) 

でもって、さして悪びれもせず戻ってきた皆さんに渡したお土産がこちら。

P1020683 (2)2

なぜかブドウが山梨産であることは気にしない、気にしない

それにしても、この旅行、しれっとやってのけた風にに見せて、結構綱渡りで終わった部分が多々あり、最後は運だけでやりきった感があります。

だって、45人乗りのバスに事前の申し込みが45名で、万が一それ以上になったら補助席使ってもらうしかないね~♪なんて能天気に話しておりました。当日、責任の所在は明らかではないものの、こちらが認識していなかった方が急遽1名参加になり46名。しかし、お1人道路事情によりキャンセルとなり、結果45名。
そして、バスに乗り込み初めて気づいたこと。
なんと!補助席が1つもなーーーい 
もしキャンセルが出なかったらどうなっていたか想像するだに恐ろしい。だって、その場合、バス内の進行役を担当していた私が、1段低いバスの運転手さんの横にある補助席に座るはめになっていたに違いないから!
あーら楽しい、運転手さんと私のランデブー・・・ってバカーー!!あれで、マイク持って喋ってたら、まじ普通のバスガイドだし。大阪ラプソディ歌っちゃうぞ

そして、帰りの車中で予定していたビンゴゲーム。事前にバス会社に確認したら、ビンゴの装置があると嬉しい回答。あのぅ、普通、ビンゴができるって聞いたら、前にあるモニターにジャンジャカジャーンって番号が出るのを想像しない?ところがよ。当日聞いたら そんなものはなく、おもちゃかよ!って感じの小さな物体があり、電源入れてスタートストップ押すと番号が打ち出されるというもの
かくして私は、数字が出るたびに でっかい声で34番!とか68番!とかいちいち読み上げるはめになり・・とほほ。

その他、ここでは書けないドジ話もいろいろありましたが、まあ台風も過ぎ去り、けが人や具合が悪くなった方もいなくて、無事楽しく終えることができたのはなによりであります。
まあ、この後なにかが出てこないといいのですが・・・くわばら、くわばら

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
ポチっとお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

至れり尽くせりの素晴らしいセッティングを堪能させていただきましたが、その裏にこんな綱渡りがあったとは!ビンゴゲームを始める時のあの止まらぬ笑いの裏にもそんなことが!一番最初にリーチしても結果はドンケツだったり、人生つーか委員会の仕事は一筋縄ではいきませんわね。そうなると余計にここでは書けないドジ話しが気になって気になって、昨夜は一睡もできませんでした。

No title

おつぅ様

どおりで機織りが終わった後、おつぅ様のお尻が半分くらいの大きさになってると思ったわ。麻パン素敵でした(*^O^*)

ビンゴゲームの前に馬鹿笑いしていたの気づかれていたのね。
身内で盛り上がってどーするって感じですよね。ごめんちゃい。

ドジ話が気にならなくても、よく眠れない日がたまにある
更年期の女より。
らでぃっしゅぼーや
茨城ブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

ぺこ

Author:ぺこ
茨城在住の主婦です。
日々の小さな出来事も面白おかしくご紹介しますので
是非遊びにいらしてください。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク