エキサイティング ソウル(2日目)

娘のリクエストで、朝はお粥を食べに行きました

P1010501+(2)_convert_20110506221932.jpg P1010502+(2)_convert_20110506222123.jpg

左が蟹のお粥、右がアワビのお粥。アワビ目当て選んだお店でしたが、軍配は蟹に上がりました
お肉をしっかり食べた翌日の胃に優しく、味もあっさりしていて朝食にはぴったり。意外にも、韓国旅行中、娘が一番気に入った料理だったのだそう。

腹ごしらえをした後は、タクシーで西大門というところへ行き、刑務所歴史館見学へ。

P1010512+(2)_convert_20110506230304.jpg P1010513+(2)_convert_20110506230610.jpg

以下、ネットから引用した説明文です。

日本植民地時代に独立運動家らを収監し、第二次大戦後は韓国政府が使った獄舎などを保存公開している西大門刑務所歴史館。ソウル市中心部の北西に位置する西大門独立公園内にあり、植民地時代の監獄や死刑場、独立運動の取り調べの様子を史料や人形で再現しています。建物は、朝鮮半島で初めての近代的な監獄として日本政府が1908年に建築。終戦までに2階建て煉瓦造りの獄舎など10数棟や死刑場、死刑囚の獄舎群が造られ、日本植民地時代に朝鮮半島に設けられた刑務所の中で最大規模でした。1987年に刑務所としての機能は移転、閉所した後、歴史館として1998年に開館し、現在は約10棟の建物が建っています。

一般的な観光地かと聞かれれば、まず普通の日本人は行かないでしょうね。私たちは普通じゃないので、わざわざ行ったわけですが、この日は生憎の休館日。内心ほっ(笑)
だって、旦那が『日帝時代に起こった歴史的事実を自分の目で確かめたい』とか言うから一緒に来てはみたものの、私自身はそんなエグいもの、あんまし見たくなかったんだよね~。大体、こんなとこうろついてて大丈夫なんかい?

でも、歴史館の周りの独立公園は、小高いところに位置し、なかなか素敵な場所で、しばし散策

P1010511+(2)_convert_20110506231149.jpg

P1010506+(2)2_convert_20110506231334.jpg

1898年、韓国の永久独立を願って建てられた独立門。フランス・パリの凱旋門をモデルにして設計されたんだそう。

P1010508+(2)2_convert_20110506231502.jpg

P1010510+(2)_convert_20110506225628.jpg

3・1独立宣言記念塔と独立宣言文。
さぁ、漢文の勉強よ!
えーっと・・・日本が征服者であったということが書かれてますね。バシッ

さて、次の観光地は景福宮(キョンボックン)。

P1010533+(2)_convert_20110507104650.jpg P1010536 (2)

P1010542 (2)2

景福宮は、李成桂により1395年に現在の大韓民国ソウル特別市鍾路区に置かれた朝鮮王朝の王宮です。
曲線の美しさや鮮やかな色使いが特徴の韓国伝統建築様式を見るのも楽しいです。
時間帯によって、日本語ガイドが付くということを後から知ってがっかり!やっぱり説明があるのとないのとでは見学する価値が全く違ってきますよね

P1010546+(2)_convert_20110507111517.jpg P1010547+(2)_convert_20110507111618.jpg
屋根の上の小さな人形には魔除けの意味があり、西遊記の登場人物(三蔵法師、孫悟空、猪八戒)などが使われているらしい。

光化門・興礼門の広場では、朝鮮時代の守門軍の交代儀式を再現した王宮守門将交代儀式が行なわれていました。

P1010524+(2)_convert_20110507112154.jpg

面白~い。守門将って、門の前に微動だにせず立ち続けていなければいけなくて大変だなぁ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

らでぃっしゅぼーや
茨城ブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

ぺこ

Author:ぺこ
茨城在住の主婦です。
日々の小さな出来事も面白おかしくご紹介しますので
是非遊びにいらしてください。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク